スポンサーリンク

イメグリミン速報[2] 血糖値がストンと20mg/dl下がった

健康法
かなり強力な治療を長年継続してきたにもかかわらず,HbA1cが7%~10%から下がらない2型糖尿病患者に対して イメグリミンを追加投与した症例が報告されています.

Oda 2022

この報告の特徴は,イメグリミンの追加服用の前後に それぞれ2週間ほどリブレを装着してもらい,イメグリミン服用が血糖値の変動に影響するかどうかを短期的効果で評価した点です. つまり『イメグリミンを服用したら,すぐに何が起こったのか』を調べたユニークな報告です.

前回記事では,服用前後で TIR(血糖値=70~180)が増え,TAR(血糖値≧180)が減少しました. つまり高血糖になる時間が少なくなったのです.ただし この観察研究期間は たかだか1ヶ月ですから,HbA1cに改善はあったとしてもこの短い期間では検出できないでしょう.

そこで,リブレの記録から対象患者全員の血糖値の平均を見ると;

Oda 2022 Table 2より

平均血糖値は20mg/dlも下がっています.これは HbA1cで言えば 0.7%ほど下がったことに相当します.この効果が今後も維持されるのであれば,この試験に参加した人のHbA1cは 6~9%台に下げられることになります. 長年のインスリンや投薬治療でも7~10%台から下げられなかったわけですから,これは大きな効果です.

そこで 同じくリブレに

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました