スポンサーリンク

毎月の貯金のように自然体で投資をするのがFIREへの近道

内科医

 
おはようございます。
日経の以下の記事で、2022年に入ってからの金融引き締めの影響により、レバナスや仮想通貨への投資で失敗してFIREが遠のいた方のエピソードが紹介されています。
 
www.nikkei.com
 
各個人の投資判断についてあれこれ議論するつもりはありません。
しかし、個人投資家が投資で冒しやすいミスの代表例が集約されていますので、レバナスや仮想通貨に投資をしていない方も勉強のために読んでおく価値があります。
 
毎月の貯金のように自然体で投資をするのがFIREへの近道
毎月の貯金のように自然体で投資をするのがFIREへの近道
株式市場の変動で毎回「試されている」ようではFIREは不可能
毎月の貯金をするかのように自然体で投資をするのがFIREへの近道
まとめ


 
株式市場の変動で毎回「試されている」ようではFIREは不可能
冒頭でご紹介した記事の投資家たちの最大の問題点は、相場の変調に精神的に耐えられなくなり投資方針をコロコロ変える必要性が生じていることです。
これくらいの相場の変動で毎回試されているようでは、いつまでたってもFIREは不可能でしょう。
 
そもそもレバナスは短期投資に適した商品であり、中長期の保有には適さないものです。
また、

リンク元

内科医
スポンサーリンク
shinkei807をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました