スポンサーリンク

【バイト医師禍】アナフィラキシー対応しない医師がワクチン打つとか

健康法
愛知県愛西市で、BA.5対応型ワクチンの接種後に女性が亡くなりましたが、この女性は、接種後体調が急変した際、アナフィラキシーの治療を受けないまま亡くなっていたことが分かりました。夫が怒りの告白です。女性は11月5日の午後2時過ぎ、愛西市内の集団接種会場 佐織(さおり)総合福祉センターでワクチンを接種しましたが、その5分後「息苦しい」などと体調悪化を訴え、嘔吐などの症状も出ました。 その場で心肺停止し病院へ運ばれましたが、およそ1時間半後死亡が確認されました。死因は急性心不全とされています。 (死亡した女性の夫)
「『派遣された看護師はアナフィラキシーに対応したことがない』と。そして処置した医師も『アナフィラキシーに対応したことがない』と言っていた」
ワクチン接種で起きることのある急激なアレルギー反応、「アナフィラキシー」を起こした可能性もありますが、夫によると体調が急変した際、その場に待機していた医師や看護師は、アナフィラキシーへの対応をしなかったということです。 病院から連絡を受けた夫が、現場で処置に当たった医師に確認していたところ「アナフィラキシーの処置を経験したことがなかった」と話したと言います。新型コロナワクチンの接種については、日本救急医学会が呼吸困難や意識の消失など複数の症状が出た際は、アナフィラキシーを疑って迷わずアドレナリンを注射するようガイドラインを作っています

リンク元

健康法
スポンサーリンク
karadajikuをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました