スポンサーリンク

10月の米消費者物価指数(CPI)で、ドル安に

健康法
11日の外国為替市場で円が対ドルで上昇し、一時1ドル=140円を超え138円台まで円高が進んだ。138円台は8月31日以来およそ2カ月ぶり。10日に発表された10月の米消費者物価指数(CPI)が市場予想を下回り、米連邦準備理事会(FRB)がインフレを抑え込むための利上げペースを鈍化させるとの見方が広がっている。円は10日夕には146円30銭台で推移しており、わずか1日で7円以上も円高が...https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB11AP80R11C22A1000000/何度も言いますが、、、円高になってきたというよりは、、「ドル安」なんです。ドルの上がり下がりで相対的に円安円高なだけです。で、一ドル150円をデッドラインに為替介入して投機筋を潰した効果が出てきました。一ドル150円で投資した方は損する可能性ありますね。テレビで騒がれ出したときはほぼピークなんですよ。バイデンの経済対策はダメですから、、、リスクを嫌ってドルは売られるんじゃないですかね?そして、円を売ってドルを買い込んだ投機筋は、今度は利確・損切りの為にドルを売る。だって下がったら損ですから、今のうちに売るでしょう。なんだかんだで130円/1ドルで落ち着くんじゃないですかね。アイハーブも為替変動分安く買えそうです。コチラをクリックhttps://jp.iherb.com/c/ca

リンク元

健康法
スポンサーリンク
karadajikuをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました