スポンサーリンク

私達の防御スクリーン。「オーラ」を大きくしてみる!

健康法
  若い時のホウホウは、「電話が大の苦手」でした。  かけるのも、かかってくるのも、本当に「おっくう」でした。  要は、「相手が全く見えない電話」が単純に恐かったからだと思います。最近は、新卒さんの「電話応対ができない!」という話が話題化されておりますが、「最初からきっちりと電話応対できる人はいないはず」です。 ちゃんとした電話応対は、「会社の事」や「スタッフの事」を熟知してからでないと、わからないし、誰でも電話は恐しいものです。まして目に見えない相手から電話がかかってくるのですから、「良い人」ばかりでなく、最近は「しつこい人」や「クレーマー」が増え、電話は、心のストレスとなり、電話嫌いの方が急増中です。(メーカーや会社なども、今、電話対応などがなくなりつつある) ホウホウも「昔は、恐かった電話」ですが、商社時代に「フォーション紅茶の並行輸入してた時」に、完全に克服しました。国内営業は、電話のみでしたので、「電話が苦手だ!」とは言っておられませんので、先輩社員をそのまま真似てみて「電話の怖さ」を克服して、最終的には電話で食べていける様にもなりました。 今では電話は、全く恐くはありませんが、たまに「睡眠不足の日」などは、電話をかけたくありません。やはり相手が見えないですので、充分に寝ていないと、「電話をする気」にもなれないのです。しかし「充分の睡眠」をとっていると、臨機応変に色んな相

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました