スポンサーリンク

ラリラララ、焚き火のように揺れている。

医療機関
今日は、母との想い出の玉手箱を開け、
ゆっくりじっくり過ごしていた。
 
 
もう4年、いやまだ4年。
領収書や日記をボーッと眺めると、
あの頃の、介護が蘇る。
まるで、焚き火を眺めているように
ゆらゆら揺れるあの頃が、蘇る。
 
大腿骨頸部骨折後。
基礎疾患はパーキンソン病。
病識の欠如は、かなりある。
 
3ヶ月の回復期リハビリだけでは、
介助や見守りが全く無しでの、
在宅生活復帰は、なかなか厳しい。
パーキンソン病に対する内服治療との並行で
リハビリテーション(生活再建)の継続は必須だ。
 
だけれども、実家は介助や見守りが全く期待できない状況。
そこに戻ることを想定しての生活期のアプローチはお手のもの。
そこに僕が居なくても、やっていけるようにできるのも想定内。
しかしながら、離れた3年が長すぎた、、、、母に本当に申し訳なかった。
 
 
揺ら揺らメラメラ、その時の介護が思い出される。
まるで、焚き火を見ているような気持ちになった。
 
 
今日はこの曲です。
良かったら聴いてください。
 
[youtube https://www.youtube.com/watch?v=hn5OR7IeaCk?feature=oembed&w=728&h=546]
&nb

リンク元

医療機関
スポンサーリンク
clinic01をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました