スポンサーリンク

「生霊の本当の恐さ」とは!  

健康法
 皆さんは、「生霊」が、本当に存在すると思いますか? この世に漂ってる霊的なものは、「普通の霊」が1、生霊が9くらいの割合になるかと思います。要は、元々は「人間は霊体そのもの」であって、自分の分身霊である「生霊」を知らず知らずのうちに飛ばしてしまうものです。 「略奪婚」とは恐い意味ですが、略奪された人は、無意識のうちに旦那や新婦に「生霊」を飛ばしてしまいます。人は、恨みを返す様に「生霊」を飛ばしますが、相手が強ければ、自分自身に跳ねかえって来る事が多いですので、「むやみに生霊を送る」のにも注意が必要です。 「生霊」を飛ばされてしまう人は、大体が口が達者な方です。要は、悪気なく口が悪いから「仕返し」をされるのです。 多分、ちょっとした事で、相手は傷ついて、その「仕返し」の様に「生霊」をもらってしまいます。生霊は、「1度でも会った人」であるなら、容易に飛ばせる事ができます。人を小馬鹿にしたり、クレームを言ったりすると、ただそれだけでも、仕返しの様に間違いなくもらいます。又、相手に「過度の期待をかけすぎた」なら、あなたの周りを覆う様に、体にくつついて来ます。数が多ければ、頭が重く、体がしんどく、心は憂鬱なものです。又、目がかすんだりもします。 「生霊」は、首にまとわったり、頭痛や歯痛になる場合も多いです。「生霊」は、口内炎やじんましんなどの炎症を起こさせる事がありますので、容易に人や他人

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました