スポンサーリンク

妊娠女性の飲酒と赤ちゃんの認知機能

その他
妊娠中にお酒を飲むことは生まれてくる赤ちゃんの発育には危険因子であるとされています。今回の研究では妊娠中にお酒を飲んだ場合、生まれてくる赤ちゃんの認知機能がどうなるのかを調べた報告です。ドイツのフリードリヒ・アレクサンダー大学の研究です。調査対象の母親たちは、妊娠第3期にアルコール摂取に関する自己アンケートに答えてもらいました。赤ちゃんが生まれた時に胎便のサンプルを採取してアルコールの代謝産物であるエチルグルクロニド(EtG)の濃度を測定しました。このエチルグルクロニドは、過去3日間の飲酒で検出可能です。EtG検出限界(10ng/g以上)を上回る胎便44例と、EtGが検出されなかった対照群44例の比較を行っています。EtG検出限界(10ng/g以上)を上回る胎便44例では、検出量の影響を調査するためさらにEtG10ng/g~153ng/gの群とEtG154ng/g以上の群に分けました。子供たちは、小学校就学年齢になった時に、ADHD関連行動の評価、複数の検査を組み合わせたIQテストの測定、脳の発達状態を調べる「GO/NO GO 課題」を測定し認知機能を評価しました。主な結果は;EtGが検出された群では、対照群と比較して、脳の発達状態を調べる「GO/NO GO 課題」の成績が良くなかった。胎便中EtGが高濃度の154ng/g以上の群では、他の群よりもIQが6ポイントも低かった。EtG

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました