スポンサーリンク

[運動療法] 筋トレか有酸素か【追補】

健康法
運動療法についての 前回,前々回の記事で;

『2型糖尿尿病の運動療法として,有酸素運動とレジスタンス運動(筋トレ)とでは,どちらかが圧倒的に有効ということはない. どちらであれ,あるいは両方であれ,自分が長く続けられる運動の種類と強度が,自分にとって最良の運動療法である』

と書いたところ,いくつか『お問い合わせ』経由で ご質問・ご意見をいただきました.

それぞれ個別にお答えしたのですが,少し不思議なことがありました. お問い合わせいただい中で 複数の方が 下記の論文を取り上げておられたのです.

Bweir 2009

論文タイトルの通り,『レジスタンス運動は,有酸素運動よりもHbA1c低下効果が大きい』という内容です. ただし最新の論文ではありません.どちらかと言えばマイナーな医学誌に掲載された古い論文です.発表されてから13年も経過してるのに,その間 他の文献には51回しか引用されていません. ほとんど注目されなかった論文と言っていいでしょう. このような論文は(又は その逆の論文も)それこそ無数にあるのですが,複数の方が読まれたということは,どこかでこの論文が評判になったのでしょうか.

そこで,この論文(以下 Bweir論文)を読んでみました.

Bweir論文の内容

ヨルダンで行われた比較試験です. レジスタンス群,有酸素群,それぞ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました