スポンサーリンク

【ワクチン造語禍】「基礎免疫」などという言葉は無い

健康法
3回目でつく「基礎免疫」 そのためにも3回目のワクチン接種を東京都医師会副会長で「平成立石病院」理事長の猪口正孝氏が12月28日、ニッポン放送「モーニングライフアップ 今日の早起きドクター」に出演。再び感染が拡大している新型コロナウイルスを予防するワクチンの効果について解説した。猪口)新型コロナ感染症を防ぐために、いちばん有効な手段はやはりワクチンです。「ワクチンが効かなくなっている」などと言われていると思いますけれど、基本的なこととして、「ワクチンは3回打っていただきたい」のです。猪口)日本人全体で約90%の方は2回打っています。しかし、3回目となると「グッ」と減ってきます。猪口)65歳以上では、90%くらいの方が3回打っています。3回目に何の意味があるのかと言うと、1回目、2回目で得られた抗体量はそれほど高くないのです。猪口)3回目を打つと、かなりの抗体量になり、免疫力が高まります。猪口)3回目のワクチンを打っても、4週間くらい経つとかなり抗体量が下がってしまうのです。しかし、5ヵ月間くらい空けて4回目を打つと、また上がるのです。猪口)そこで上がったところは、かなりの免疫力になって感染阻止にもなり、発症予防もできるのですけれど、4回目に上がった抗体量は、3回目とほぼ同じくらいなのです。だから「3回目で基礎免疫がつく」と言われています。猪口)4回目、5回目を打っても、抗体量は3回

リンク元

健康法
スポンサーリンク
karadajikuをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました