スポンサーリンク

黄連剤と柴胡剤違い、虚か実の違い分からないのが現状の医師なのかねぃ?

内科医
尊敬している大塚敬節先生が書き残した傷寒論解説です。うん(^_^)このブログでも何度もお話をしている様に…何故…左右の判別である黄連剤と柴胡剤の区別がつかない?何故…虚実の判定をしない?何故…簡便な現代医学の病名投与を漢方選択に使う?ん~~~今の日韓関係と同じ様な感じに感じたりします。診療にため息も多くなりますよねぇ…当然ながら。大塚敬節先生は自分の主治医でもあったんですよね。「先生は…漢方を今の医療界に残したかった!」その理由で病名投与も許してきた方でもあります。このことに関しては大塚敬節先生の恩師の馬場先生は指摘しています。「この様なことを許して良いのか?」と大塚先生に尋ねます。「今は漢方を日本に残すために仕方なくしています」との…大塚先生の言葉に馬場先生は頷いたと言います。(´ヘ`;)ハァはっきり…自分の感覚を話してみれば…大学病院の漢方診療科から漢方専門医まで…処方は、ほぼ合っていない。処方が上手な医師は一割以下の状態だと思います。こんな状況になっている今は、馬場先生が話したとされる「漢方の本来の姿を確認することが必要な時期」に入っていると感じます。それはぁ~まさに…今の日韓関係と同じ様な気がします。敵を作ることは…人をまとめるのに容易なやり方です。誰かを敵にすれば、その他の人はまとまります。政治には適しているのかも知れません。。。でも、医学は政治よりも…もっと正義が大切だ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました