スポンサーリンク

分かって欲しい2つの胃腸炎診断

内科医
胃が悪い!と診療しに来ても、二つの場合があること。これを消化器内科を専門としている医師に説明したいな。ーーーーー胃が調子わるいので…胃腸科に通っていました。腹部の診察した医師からは…「おかしい、お腹が張っている 悪い病気かも?」とか言われた、と自分の診療を受けに来ました。患者さんからは…「この状態で2ヶ月、状態がなおらない」とか???ーーーーー診察して…溜息~~~(´ヘ`;)ハァ胃腸炎は2種類あると分かる医師は少ないのかも知れない。1)腸炎を基盤とする胃腸炎2)胃炎を基盤とする胃腸炎この2種類があることになります。この患者さんは胃が悪いと診断され胃薬だけを出されていた。でも、これは腸炎を基盤とする病態なので、胃腸炎として治療する必要がある。そんな治療をすると…直ぐに症状が取れていく。そんな胃腸科での当然のことを知らない胃腸科の医師に溜息~(´ヘ`;)ハァ勘弁して欲しいよね。。。でも、さ。胃腸科を名乗るんなら…考えて欲しいよね。患者が悪いのではなく、病態の把握が未熟な自分自身のことを。「学校で教えられなかった!」ではなくて自分で気付くことだよなぁ。と、言う自分も未熟です。。・゚゚・(>_<)・゚゚・。自分も診療が終わってから検査のデータが来て…検査結果とにらめっこです。悪ければ患者さんに連絡します。診療が8時に終われば、患者さんに連絡するのは10時前になります。でも、患者

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました