スポンサーリンク

アレルギーの9割は腸で治る

その他ドクター
ブログランキングに参加しています。皆様の応援クリックが励みになります!
東京医科歯科大学名誉教授である藤田絋一郎氏著『アレルギーの9割は腸で治る!~薬に頼らない免疫力の作り方』
本書によると
日本では1960年代から急速にアレルギー疾患が増加しています。今では日本人の約30%がアレルギーを持っており、これから生まれてくる子どもの二人に一人がアトピー性皮膚炎や喘息に悩む時代になっています。このようにアレルギー疾患が増えた背景には、除菌や抗菌など「キレイ社会」が免疫力低下を導いています。
大腸には500種類以上、100兆個以上の細菌が生息しており、それらの無数の細菌が腸のなかに「腸内フローラ」と呼ばれる”細菌のお花畑”を形成しています。腸内細菌は、主に善玉菌、悪玉菌、日和見菌にわけられ、健康な状態であればそのバランスは保たれています。乳幼児期は腸内の90%がビフィズス菌(善玉菌)と言われていますが、年齢とともに悪玉菌が増えて腸内環境が悪化すると免疫力が低下しアレルギーが起こりやすくなります。
腸内環境を良くするためには、精製されていない穀類、豆類、野菜類、発酵食品など日本の伝統食を豊富にとることが大切です。一方、人工的につくられた食材、ファーストフードやコンビニ食、電子レンジで食べられる調理品、化学調味料などは体内にとっては異物であり、腸内細菌がダメージを受け、免疫力が落ちてしまい

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました