アレルギー科

スポンサーリンク
内科医

魚アレルギーは治りますか?

魚アレルギーが治りにくいことは、アレルギー科医の中では有名です。 今回は、魚アレルギーは治るのかどうかについて書きます。 魚アレルギーの有病率 負荷試験で確実に確かめられた魚アレルギーの有病率は0.3%未満です。 Prevalence of...
メンタルヘルス

【楽に生きる秘訣】そういうものだ、と受け入れる。

■今後の予定1月4日(月)オンラインショップ営業開始*オンラインショップはこちらです。22日(金)HSP オンラインワークショップ29日(金)片付けオンラインワークショップ・午前/午後、合わせて4時間程度の講義です。・テキストあり・グループ...
内科医

新生児-乳児消化管アレルギーを敗血症や胃腸炎と区別する指標はありますか?

「食物蛋白誘発胃腸症」という言葉を知っていますか? もしくは「消化管アレルギー」という言葉を知りませんか? さすがに最近は「ミルクアレルギー」という言葉は使われていないと思いますが、もし知っていれば同じ病態を指します。 ただ、やはり最近は「...
内科医

私の食物アレルギー診療の実際その2「予防」。

私のアレルギー診療の実際を予防・診断・治療に分けて紹介します。 今回の記事は、「予防」についてです。 これは2008年にLACK先生が提唱した二重抗原仮説:感作は皮膚、寛容は腸管という理論がメインとなります。 これをエビデンスと分かりやすさ...
内科医

離乳食を早く始めると、赤ちゃんは夜中によく眠ってくれるようになるか?

イギリス政府は生後6か月までの完全母乳育児を勧めています。 しかし、2010年の調査では、6か月間の完全母乳育児を実施した母親は1%に過ぎず、75%の母親は生後5か月までに離乳食を開始していました。 その理由は、赤ちゃんが母乳に満足しなくな...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました