スポンサーリンク

楽天VTIと楽天VTの純資産総額の伸びが素晴らしい

内科医
おはようございます。
楽天・バンガード・ファンドが創設されてもうすぐ1年になります。
昨年商品の発売が発表された時から、「これは売れるのでは?」と個人的に思っていましたが、今のところその通りになっています。 
ファンドの純資産総額ですが、2018年8月末時点で、
・楽天VTIが約190億円
・楽天VTが約125億円
となっています。
ここまでは順調な経過と言えるではないでしょうか。
「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017」の人気投票では、楽天VTが1位、楽天VTIが3位にランクインしましたが、実際の売れ行きは楽天VTIの方が良いというのも大変興味深いですね。
 
楽天VTIと楽天VTの純資産総額の伸びが素晴らしい
楽天VTIは分かりやすいメッセージ性と圧倒的な低信託報酬で人気を集めた
楽天VTIの場合、2017年9月に発売された当時の競合商品はiFree S&P500インデックスくらいでした。
そこに楽天VTIが斬り込みをかけたわけですが、
1) 信託報酬が0.1696%と最安であったこと(iFreeは0.243%)
2) VTIという実績あるETFをそのまま購入するという分かりやすいメッセージ性
が投資家の支持を集め、あっという間に抜き去りました。
「投資信託で米国株ならば楽天VTI」
という立ち位置は今現在も盤石です。
競合になるのはeMAX

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました