スポンサーリンク

暴落を乗り切るための「仕組み作り」に力を入れよう

内科医
おはようございます。
2022年はロシアによるウクライナ侵攻、燃料や各種原材料費の高騰、急激な円安、欧米を中心とした極端なインフレと急激な金融引き締め策など波乱の展開になっています。
2021年末までものすごく平和で順調な相場が続いていましたので、たった半年で嘘のような変化と言えますね。
暴落というのはいつ何をきっかけに起こるか予想することはできず、気が付かないうちにズルズル巻き込まれていたというケースが大半です。
暴落を予想して自分だけが適切なタイミングで逃げられるなどと思わないようにしましょう。
そこで本日は、我々個人投資家が暴落を乗り切るための方法について考察します。
暴落を乗り切るための「仕組み作り」に力を入れよう
本日の記事の要点は以下の通りです。
1. 人間の意思の力に頼らず仕組み化することが重要 
2. 株価暴落時も淡々と買い足し、相場に居続けること
3. シンプルなことを淡々と続けることで成功が近づく
4. 自分が理解できない商品には絶対に投資しない
以下詳細を見ていきます。
 
1. 人間の意思の力に頼らず仕組み化することが重要
暴落を乗り切るためには、人間の意思の力に頼らず投資を仕組み化することが重要です。
最も一般的なのが毎月の積立投資でしょう。
サラリーマン投資家の大きな武器は、毎月ほぼ一定の収入が保障されていることです。
その利点を活かすために、毎月の給

リンク元

内科医
スポンサーリンク
shinkei807をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました