スポンサーリンク

信頼あっての「かかりつけ」

内科医
 意外なことですが日本は人口あたりの医師数が先進国の中でも少なく,逆に病院の数や年間の受診回数はダントツでトップクラスです.これは,1人の医師が診る患者数が他国に比べて驚くほど多いということを意味するわけで,我が国の医師の過重労働の大きな要因となっています. 日本の医療は,世界に誇れる国民皆保険制度と,医療従事者の身を削るような献身的な働きによって支えられてきたと言っても過言ではありません. しかし,世界に類を見ない超高齢化社会の到来による医療のニーズのますますの高まり,患者サイドの権利意識の高まり,さらに何よりも今まで野放し状態だった大病院志向が,医療現場をあまりにも疲弊させてしまってきたことは周知の通りです. そこで国が力を入れだしたのが,かかりつけ医制度です.風邪などの軽傷の疾患や高血圧などの慢性疾患の管理,簡単な外傷,医療相談,在宅医療,介護支援など,医療や介護に関することはまずゲートキーパーとしての「かかりつけ医」で対処し,必要に応じて設備の整った病院に紹介するという仕組みです.かかりつけという言葉自体は以前からあり別に目新しいものではありませんが,これを諸外国における家庭医やGP(General physician)のようによりはっきりと定義付けようというものです. 今回の診療報酬改定でもますますその方向が明確になり,在宅医療を始めかかりつけ医としての機能を果たせば報酬

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました