スポンサーリンク

がんに対する免疫チェックポイント阻害剤の適応拡大は?オプジーボとキイトルーダの最新情報

外科医
 最近、オプジーボやキイトルーダをはじめとする免疫チェックポイント阻害剤の効果と安全性が認められ、さまざまながんに対して使用可能となってきました。いくつかのがんでは、免疫チェックポイント阻害剤によって従来の抗がん剤治療よりも大幅に生存期間が延長する効果が示され、これまで打つ手のなかった進行がん患者さんにとって新たな希望となっています。そこで、今回はこの免疫チェックポイント阻害剤の適応拡大の現状について紹介します。がんに対する免疫チェックポイント阻害剤の適応拡大免疫チェックポイント阻害剤とは?免疫チェックポイント阻害剤とは、免疫細胞に対するブレーキ(免疫チェックポイント)を解除する薬剤のことです。われわれの体には、もともとがん細胞を取りのぞく免疫監視(めんえきかんし)システムがそなわっています。そして、がん細胞を攻撃するのがNK細胞やT細胞といった免疫細胞なのです。ただし、免疫細胞には、みさかいなく攻撃したり暴走しないように「一次休戦のスイッチ」である免疫チェックポイント機構というものがあるのです。この免疫チェックポイントのひとつが、免疫細胞が持っているPD-1という鍵穴と、がん細胞が持っているPD-L1およびPD-L2という鍵なのです。がん細胞は、免疫細胞からの攻撃を逃れるために、PD-L1およびPD-L2というタンパク質(鍵)を出し、これが免疫細胞のPD-1(鍵穴)と結

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました