スポンサーリンク

米キティホーク社の空飛ぶ自動車「フライヤー」はぜひ試乗してみたい

内科医
おはようございます。
2018年6月に、米国の新興企業キティホーク社が、市販向けの空飛ぶ自動車「フライヤー」の最新型を発表しました。
記事の中に試験飛行の動画がありますので、それを見ていただくのが早いと思います。
www.businessinsider.jp
2本の操縦桿を操るだけで飛行可能という手軽さが魅力で、1時間足らずのトレーニングで飛べるようになるとアピールしています。
将来的には、空飛ぶ自動車によって交通渋滞を解消するのが同社の夢ということで、非常に大きなスケールの話に胸躍らされます。

 
米キティホーク社の空飛ぶ自動車「フライヤー」はぜひ試乗してみたい
暗いニュースが多い昨今の世の中において、こういった夢のあるニュースは素直に嬉しいですね。
「空飛ぶ自動車」と聞いて心躍らない人は少ないのではないでしょうか。
実用化に向けては交通網や法整備などまだまだ超えなければならないハードルは多いですが、少なくとも個人レベルで「空飛ぶ自動車」を手に入れられる時代はすぐそこまで来ていると言えます。
すでに、米国では先行予約の受け付けが開始されており、見込み客に対しては試験飛行の提供も開始されています。
 
キティホーク社の「フライヤー」の能力は?
「フライヤー」は横幅が約4メートル、重量が約113キロ。
1回の充電で20分間の飛行が可能で、現状での最高時速は32kmです。
最大の魅

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました