スポンサーリンク

個人投資家が「為替」で勝負するのは厳禁

内科医
おはようございます。
2021年10月頃までは「1ドル=110円前後」で為替レートは安定していましたが、そこから1年もたたないうちに「1ドル=130円」が当たり前になりました。
ロシアによるウクライナ侵攻や日本と先進諸国の金利差など様々な要因が考えられますが、ここまで急激に円安が進行するとは全く想像もしていませんでした。
さて、FRBが段階的な金利引き上げに動く中、日本では金融緩和策が維持されており、今後も日米の金利差は拡大する可能性があります。
よって、これからも円安がさらに進行する可能性は十分にありますが、必ずしも予測通りに動かないのが為替の難しいところです。
我々個人投資家としては、「為替で勝負するのは厳禁」と考えておくべきでしょう。
個人投資家が「為替」で勝負するのは厳禁
本日の記事の要点は以下の通りです。
1. 急激な円安に惑わされ、為替取引に手を出すのは厳禁
2. 個人投資家が実践すべきなのは外国株への長期分散投資
3. 為替の変動に惑わされず、投資先企業の長期的な成長を信じよう
以下1つ1つ掘り下げてみていきます。
 
1. 急激な円安に惑わされ、為替取引に手を出すのは厳禁
ここまで急激に円安が進行すると、「今のうちに外貨を仕込んで、さらに円安が進んだ時点で売却すれば簡単に利益が得られる」と考えてしまいがちです。
もちろん、今現在の各国の金融政策や金利の状況を考えた

リンク元

内科医
スポンサーリンク
shinkei807をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました