スポンサーリンク

【暴落時の対処法】素直に市場の流れに身を任せるか、一時的に市場から離れるか

内科医
おはようございます。
2018年10月に入ってから荒れた相場が続いていますね。
今年から投資を始めたという方の中には、含み損を抱えている人も多いのではないでしょうか。
株式投資というのは個人の努力ではどうにもならない部分もあり、大きな市場の流れには素直に身を任せるか、もしくはいったん市場から離れるしかありません。
十分に分散された長期保有に値する商品を購入している人は、含み損を抱えてもホールドして買い続けるのもありですし、少数精鋭の個別株でポートフォリオを組んでいる方は、状況によっては一度退避する必要があるでしょう。
さて、本日は最近の市況について考えてみます。
 
【暴落時の対処法】素直に市場の流れに身を任せるか、一時的に市場から離れるか
ボラティリティの高い相場が続いています
昨年と異なり、2018年はボラティリティの高い相場が続いています。
2月5日にNYダウが史上最大の1175ドルという下落を記録した後、約6ヶ月かけて回復しました。
さぁこれから中間選挙〜年末に向けて上がるかなと思いきや、10月に入って再度2月を思わせるような暴落となっています。
下が2018年に入ってからのNYダウの動きです。
株価というのは上がる時はゆっくりと、下がる時は一気ですね。
これがあるから株式投資は面白いと言えます。
 
数ヶ月以上に渡ってダラダラ下げる相場になると厳しい
個人的な経験から

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました