スポンサーリンク

巨大肝臓がんとの戦い

外科医
◆ブログランキングに参加してます◆ ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を 一人でも多くの人に知って頂くために、 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!            みなさんおはようございます2代目ガンちゃん先生です今週は木曜、金、土と岩本内科で診療しています岩本内科で働くと元気が出ますね (笑)たぶん、スタッフ全員が一生懸命だからだと思います♪本日ご紹介は、関東地方からご来院の進行肝臓がんの方肝臓の右側に20cm大無数の肝内転移を認める状態です関東の癌治療の中心の病院にもセカンドオピニオンに行かれたそうですが、そこではビーズを使った肝動脈塞栓術を行うと言われた様ですその後、岩本内科に来院して下さいましたので岩本内科ではカテーテルを留置し肝動注化学療法をしながら必要な箇所に肝動脈塞栓術を行うことをご説明し、治療を受けて頂くことになりました岩本内科で行うNew FP療法という肝動注化学療法では、カテーテルを留置するので、複数回に分けて、治療をすることが可能となります1度に一気に治療しなくて良いので肝臓への負担が少ないのですこの量の癌を一度に塞栓すると長期間熱が出て身体が消耗し、衰えてしまいます分割しながら、且つ継続的に薬剤を流す事が大切なのですこの様な感覚は実際にカテーテル治療を行って、その後の経過も見ている医者でないと分かりません多くの場合がカテーテル治

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました