スポンサーリンク

JTの配当利回り5.0%はフィリップ・モリス(PM)やアルトリア・グループ(MO)と同じ基準で考えてはならない

内科医
おはようございます。
日本を代表する高配当株の1つにJTがあります。
たばこ税は国の重要な収入源の1つでもあることから、他の民間企業のように倒産確率が実質的にゼロに近いこともあり、インカム狙いの日本株投資家から根強い人気を誇る鉄板銘柄です。
2018年にはいってから株価の低迷により配当利回りは5.0%前後で推移していますが、これは驚異的な水準と言えます。
タバコ産業を取り囲む情勢を考えますと、今後大幅な値上がり益は期待しづらいと思いますが、高配当が株価の下支えをする効果が期待できるため、インカム重視の投資家からは今後も買われ続ける可能性が高いです。
本日はJTの利回りについて考察してみます。
 
JTの配当利回り5.0%はフィリップ・モリス(PM)やアルトリア・グループ(MO)と同じ基準で考えてはならない
同じたばこ関連企業であれば、米国株のフィリップ・モリス(PM)やアルトリア・グループ(MO)も有名です。
両者ともに配当利回りは5.0%前後とJTと同レベルに魅力的な水準にありますが、同じ配当利回り5.0%でもJTの5.0%には特別な価値があります。
その理由を以下で考察します。
 
日本株と米国株の配当利回りを同じ基準で考えないことが重要
なぜ、JTの配当利回り5.0%は驚異的と言えるのでしょうか。
その理由は、日米の金利差、インフレ率の違いにあります。
日本のメガバンクの普

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました