スポンサーリンク

ドルで米国ETFを直接購入か、国内の投資信託(楽天VT・楽天VTI)か、海外証券会社を利用すべきか?

内科医
おはようございます。
当ブログの読者の方から、以下のご質問をいただきました。
いつも楽しくブログ拝見させて頂いております。
米国ETFを購入する手段として、
1.日本の証券会社を経由してドルに換金して購入
2.日本の証券会社から楽天VTのような日本向けパーケージ商品を購入
3.国外の銀行口座から海外の証券会社を経由して購入
の選択ができるかと思います。
ちゅり男さんは1を選択しているかと思います。
私自身、手軽さと手数料から1を選択していますが、どの選択が最も適切か疑問です。
もちろん1回の購入金額などで差異があるかと思いますが、ご意見を賜れれば幸いです。
宜しくお願い致します。
 
ドルで米国ETFを直接購入か、国内の投資信託(楽天VT・楽天VTI)か、海外証券会社を利用すべきか?
結論から書きます。
・3の海外の証券会社を経由して購入に関しては、国内の証券会社の投資環境(商品ラインナップやコスト)が劇的に改善しており、積極的に選択する理由はありません
・ただし、日本国のデフォルトという最悪のシナリオまで想定するならば、資産保全目的に海外証券会社を利用するのはありです
・現実的には1か2ですが、近年では2の投資信託の成長が著しく大きな差は出ないものと考えられます(以前はコスト面は1が有利でした)
以下、1つずつ細かく見ていきます。
 
2018年現在、海外の証券会社を積極的に

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました