スポンサーリンク

日本国内の投資信託のイケてなさに関するレポートが興味深い

内科医
おはようございます。 
日本国内の投資信託のイケてなさに関する以下のレポートを興味深く拝見しましたので、ご紹介させていただきます。
www.newsweekjapan.jp
国内の投資信託のイケてなさには金融庁もお怒りで、そのため金融庁肝いりの「つみたてNISA」が2018年から始まったわけですね。 
つみたてNISAは金融庁が定めた一定の基準を満たした商品でなければリスト入りしないことになっており、投資初心者の方でも貧乏くじを引く可能性が低いのは素晴らしいことです。
では、本題にうつります。
 
日本国内の投資信託のイケてなさに関するレポートが興味深い
国内の投資信託のメジャー所は全てアクティブ型の商品
投資ブログやTwitterで交流する人たちは意識が高い人が多いのでしょう。
私の周りで高コストのアクティブ型投信を手にしている方はほとんど目にしませんが、一方ではまだまだこれが国内の投資信託の現状のようです。
以下、画像は全て冒頭の記事からの引用になります。 

 
純資産総額トップ20の投資信託は、日本では100%がアクティブ投信ですが、米国ではアクティブ投信とインデックス投信が半々です。
インデックス投信の知名度はずいぶん向上してきた印象を受けていましたが、実際にはまだまだアクティブ投信が優勢ですね。
インデックス型の投資信託は各社が同じような商品を販売していますので、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました