スポンサーリンク

ポートフォリオ内の債券が果たす2つの重要な役割(パート2)

内科医
おはようございます。
昨日に引き続き、ポートフォリオ内の債券が果たす2つの重要な役割について検討します。
私が考えるポートフォリオ内の債券が果たす2つの役割とは、
1) 株式の暴落局面でのクッション役
2) 機械的なリバランスにより割安な株式を購入する仕組み作り
です。
本日は2)について考察します。
 
ポートフォリオ内の債券が果たす2つの重要な役割(パート2)
リバランスによって割高な時期に株式を購入するのを防ぐ
ポートフォリオに債券を組み込むことで、リバランスによって株式が割高な時期を避け、割安な時期に株式を仕込む仕組み作りが可能です。
話をシンプルにするために、
・VT(株式):80%
・BND(債券):20%
というポートフォリオで考えてみます。
スタート時点で1,000万円のポートフォリオを仮定すると、VTが800万円、BNDが200万円です。
1年後、幸いにも株式市場が絶好調でVTが1000万円まで増え、BNDは200万円のままであったと仮定します。
「VT:80%、BND:20%」のバランスを保つため、リバランスの時期が来た時に買い増しの対象となるのはBNDです。
具体的には、BNDへ50万円分を追加投資するか、VTを40万円分売却してそのお金でBNDを購入すれば80:20を保つことができます。
すると、必然的に割高になったVTへの追加投資にブレーキをかけることに

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました