スポンサーリンク

インデックス投資家は1ヶ月ごとの損益を気にしても意味がない

内科医
おはようございます。 
インデックス投資家にとって、「今月はいくら儲かった」「先月はいくら損した」というのはあまり意味がありません。
目先の損益を気にしすぎると、長期的な大きな目標を見失う可能性があり、かえって害悪にすらなりえます。
インデックス投資とは長期目線で見た時に結果としては年平均5%程度で増えていればよいという投資ですから、仮に1ヶ月前と比較して+10%増えて気分を良くしたところで意味がないのです。
 
インデックス投資家は1ヶ月ごとの損益を気にしても意味がない
インデックス投資のリターンは年間5%程度に過ぎない
そもそも、過去の歴史からインデックス投資のリターンは年数%程度であることが分かっています。
仮に年5%とした場合、毎月コンスタントに資産が増えていくと仮定すればせいぜい月0.5%ということです。
実際には相場には波がありますので、1月は+10%、2月は−7%、3月は+3%、4月は−12%・・・となるわけですが、全体として平準化してしまえば月0.5%、年5.0%程度に落ち着くというわけです。
月0.5%といえばほとんど誤差の範囲内です。
5億円くらい保有していれば、0.5%でも250万円ですので相当なインパクトがあります。
しかし、100万円であれば0.5%というのはたかが5,000円に過ぎません。
期待リターンが毎月5,000円しかないものに対して、「今月は儲

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました