スポンサーリンク

ハンドヒーリングによる間質性膀胱炎の改善

その他ドクター
ブログランキングに参加しています。皆様の応援クリックが励みになります!

皆さんは、間質性膀胱炎という病名をご存知でしょうか?
先日クリニックを訪れた78歳のある女性。60歳の時に間質性膀胱炎と診断されました。関質性膀胱炎とは、膀胱に原因不明の炎症が起こり、尿が近くなったり、膀胱や尿道に違和感や痛みが起こるなどのつらい症状が出る病気です。日本で約4500人が罹患しているとされ、内視鏡を使って病変を焼いてしまう治療が行われていますが、完全に良くなることは難しく、再発も多く、国の難病にも指定されています。
女性は、当初あちこちの病院をまわり、診断がつくまでに数年かかったそうです。その後も20年間膀胱の激痛に悩まされてきました。さらに、1日30回ほどトイレに行き、膀胱を広げる手術も10回繰り返してきました。普段は膀胱が縮まないように一日3リットルの水を飲み、膀胱が乾燥しないようにトイレもしばらく我慢しているとお話をしてくださいました。
 
それが、知人の紹介で今年の8月にマインドパワー(ハンドヒーリング)に出合い、パワーを取得し、施療に通うようになってから痛みがほとんどなくなりました。1日30回の頻尿も、数回までに減りました。
20年間も膀胱の激痛に苦しみ、鎮痛剤も効果はなかったという女性。「毎日が地獄でした。もし私に勇気があったら死んでいました。」とおっしゃる言葉に、何も返

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました