スポンサーリンク

2018年の株式と他のアセットクラスのリターンを振り返る

内科医
おはようございます。
当ブログでは主に株式を中心とした話をしていますが、これはバイ&ホールドの長期戦略においては株式の期待リターンが最も高いからです。
本日は少し趣向をかえて、2018年の債券やREIT、金などの他のアセットクラスのリターンがどうだったのか振り返ってみます。
もちろん興味があるのは、株式にとって厳しい相場である2018年において、他の商品を購入すれば勝つことができていたのか否かですね。
 
 
2018年の株式と他のアセットクラスのリターンを振り返る
2018年始~現在までの配当込みのトータルリターンのグラフです。
緑がVTI(米国株)、青がVEU(米国以外の全世界株)、黄色がBND(米国総合債券)、黒がIYR(米国REIT)、赤がGLD(金)です。
長期でみれば株式クラスの期待リターンが最も高いのは過去の歴史が証明しています。
よって、他のアセットクラスを積極的に組み入れる理由としては、
1) 値動きが安定していて暴落時の緩衝材となる(キャッシュでも可)
2) 値動きが株式と逆相関を示す
ことが重要です。
株式と同じような値動きを示すのであれば、数十年ホールドすることが前提ならば最も期待リターンの高い株式をホールドする方が賢明だからです。
 
2018年はバイ&ホールドでは何を購入しても勝てない難しい相場であった
少なくとも2018年に関しては、「バイ&ホール

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました