スポンサーリンク

神の詩 第二章第二十七節 2

その他
神の詩 第二章第二十七節「生まれた者は必ず死ぬ。死んだ者は必ず生まれる。だから、汝はこの避けられないことを嘆くべきではない。(二十七)」続きです。今この瞬間を大切に、感謝の気持ちを込めて生きることだけで充分です。人が生まれてくる理由は一つです。人は、偶然地球に生まれてくることなどありません。明確な目的を持って、地上に下りてきて、そのことを忘れてしまっています。明確な目的とは、地上でのさまざまな体験を通して魂を純化していくことによって真理を理解し、同時に他の存在が地上に来た目的も理解し、創造主と合一できるまでに波動を高めていくことにあります。それがわかっていれば、輪廻転生も死も嘆く必要も意味もありません。釈迦大師の教えは、「涅槃経」の中に次のように記されています。諸行無常:体と心は常に変わり続け是生滅法:生じたものは法により必ず滅する生滅滅已:生じて滅することに囚われなければ寂滅爲樂:静謐の中で至福に至る人は物質界に肉体を持って生まれて、成長し、老化して、死に至ります。それは例外なく自然界の法則であり、あるがままの姿です。この自然の理を嘆いても何の意味もありません。智慧を持って心と身体の無常を法則として理解することで、「生」への執着は薄れていきます。「生」への執着が薄れると「死」への恐怖も薄れていきます。これは、心と身体が真の自分ではなく、真我であることを確信する一歩となります。人の

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました