スポンサーリンク

「人生100年時代」では若い時の投資失敗は取り返しがつく

内科医
おはようございます。
一般的に株式投資と言えば個別株投資のイメージが強く、若い頃にいきなりインデックス投資に落ち着く方はまだまだ少数派なのだと思います。
つみたてNISAやiDeCoなど若い方に「貯蓄から投資へ」の流れを促すための制度は増えてきていますが、実際にそれをうまく活用している方はごく一部というのが事実です。
私自身は、つみたてNISAやiDeCoなどの非課税口座を活用したインデックス投資は長期投資の王道だと思っています。
とはいえ、初めからそういった考えだったわけではなく、10年くらい前はいろいろな投資を試してたくさん失敗をしました。
若い時に投資で少々の失敗をしたとしても、その後の長い人生の中で挽回するチャンスはいくらでもありますので、より長期的な視点を持つことが重要だと思います。
「人生100年時代」では若い時の投資失敗は取り返しがつく 
本日の記事の要点は以下の通りです。
1. 若い時の投資における少額の失敗は取り返しがつく
2. 若いうちの致命傷にならない程度の失敗は勉強代と割り切る
3. 「人生100年時代」ではトータルで取り返せれば問題ない
以下1つ1つ掘り下げてみていきます。
 
1. 若い時の投資における少額の失敗は取り返しがつく
投資において、若いうちにあれこれ試して自分にとって合う・合わないを早めのうちに見極めることには大きな価値があります。
若い頃

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました