スポンサーリンク

肝臓がんに対する門脈動脈同時塞栓療法の肝

外科医
◆ブログランキングに参加してます◆ ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を 一人でも多くの人に知って頂くために、 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!            みなさんおはようございます2代目ガンちゃん先生です岩本内科の診療が始まりましたスタッフの顔を見るとなんだか安心します (笑)本日のご紹介は肝臓がんに対する門脈動脈同時塞栓療法カテーテルを使った塞栓治療を一般的に肝動脈塞栓術と言いますが、その質を究極に高めた治療が門脈動脈同時塞栓療法です初代ガンちゃん先生が生涯提唱し続けてきた治療方法ですこの方の場合では肝臓のS7と呼ばれる領域にアンギオCTで評価しますと動脈CTで白く門脈CTで黒くなる20mm大の典型的な肝臓がんができてしまいましたステージ2の状態です外科切除をお勧めしますが、お腹を開けることはしたくないとの強い希望があり、カテーテルを使った門脈動脈同時塞栓療法を行いましたカテーテルで癌の動脈に到達しますそこからリピオドールと呼ばれる油の造影剤と抗癌剤を混ぜた薬剤をゆっくりと流しますゆっくりと流しますと末梢の門脈と呼ばれる血管まで薬剤がたまってきますそこで、塞栓物質を流し完全に塞栓する事で治療は完了です門脈動脈同時塞栓療法では癌に関係する血管二つ動脈と門脈をしっかりと薬剤で塞栓する事が肝なのですまずアンギオCTという癌を見つける力が非常に高い

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました