スポンサーリンク

株式のフェアバリューを判断するのは難しい

内科医
おはようございます。
株式の価格形成には、その商品の信頼度、本質的価値、人気など様々な要素が反映されます。
よって、バリュエーションが適正な水準かどうか、つまりフェアバリューにあるかどうかの判断というのは非常に難しいです。
市場効率性が高まるほど、本当に良い商品というのは人気が出て割高になりやすく、そういった商品が不当に安く放置されるチャンスは少なくなります。
逆に、一見割安にみえる株には、その裏に安値で放置されるだけのネガティブな材料が隠れていることも多いです。
このあたりの見極めは実は非常に難しいです。
株式のフェアバリューを判断するのは難しい
高金利の新興国通貨はなぜ危険か
例えば、米国ドルの金利が3%で、トルコリラの金利が5%であったと仮定しましょう。
確かに、金利だけ見ればトルコリラの方が2%有利です。
でも実際にこの状況でトルコリラを買いますか?
私ならば、世界の基軸通貨として極めて安定しており、他に追随するものがない米国ドルを選びます。
ほとんどの方の考えとして、世界最強の通貨米ドルで3%の利回りが得られれば十分となるでしょう。
よって、米国の金利が上がると米ドルでそのリターンが得られればそれでOKという考えが広まりますので、新興国から米国にマネーが退避し、新興国株が痛手を負います。
このように、投資対象の信頼度・本質的価値が異なれば、利回りという同一の尺度でお得度

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました