スポンサーリンク

エネルギー療法による網膜色素変性症の改善!

その他ドクター
ブログランキングに参加しています。皆様の応援クリックが励みになります!
 
網膜色素変性症は、国の難病に指定されており、カメラで言えばフィルムに相当する網膜に異常をきたす、遺伝性、進行性の病気です。網膜の中の視細胞が障害され、暗いところで物が見えにくくなったり(とりめ、夜盲)、視野が狭くなったりといった症状を最初にきたします。病気の進行とともに視力が低下し、色覚異常が出現します。進行のはやさには個人差があり、現在のところ、網膜の機能をもとにもどしたり、確実に進行を止めたりする治療法はありません。
網膜色素変性症は、現代医学では進行性の疾患であり、悪くなることはあっても良くなることはないとされています。しかし、マインドパワー(ハンドヒーリング)の治療によって、網膜色素変性症が改善している方がいらっしゃいます。今日は、その中から2名のご紹介です。
50代 女性
もともと良好であった視力が、30歳の頃から視野の中心部が見えなくなり、低下しはじめました。33歳の時には車の運転ができなくなり、病院では「網膜色素変性症です。将来、失明します。」と宣告をされました。症状はさらに進行し、視野の99%は見えず、中央は真っ黒で、全体に灰色の膜で覆われたようになり、眼球の端のほうからうっすらとものが見えるだけの状態になり、一人では何もできなくなりました。
ところが、51歳のときにパワーに出

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました