スポンサーリンク

アレルギー性疾患を根本から改善へ導く治療法

その他ドクター
ブログランキングに参加しています。皆様の応援クリックが励みになります!

日本を含む先進国で患者が急増しているアレルギー疾患。ひとくちにアレルギーといっても、気管支喘息、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、花粉症。症状もさまざまで、現代医療においては内科、小児科、皮膚科、耳鼻咽喉科など診療科も異なります。
アレルギーは体質が関係するため、一人で複数のアレルギー疾患を発症したり、一度よくなってから何年も経って再発したりすることもあります。
私たちが生きている環境には、感染性微生物をはじめ、私たちの健康や生命を脅かす因子がたくさんあります。それらの攻撃から自らを守るため、本来、私たちの身体には防御機構が備わっており、その中心が免疫反応です。
アレルギー疾患とは、この免疫反応に変化がおこり、生体に有害な反応として作用している病的な状態です。生体にはいろいろな免疫反応がありますから、影響を及ぼしている臓器に応じて、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーというように、さまざまなアレルギー疾患がおこります。
 
医学は進歩しているにも関わらず、アレルギー疾患は増え続ける一方で、今や日本国民の3分の1が何らかのアレルギーに悩んでいるとの報告があります。なぜでしょうか?その原因には、アレルゲンの増加、食生活の欧米化、環境汚染、抗生剤使用などによ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました