スポンサーリンク

ホームカントリーバイアスにとらわれない投資を

内科医
おはようございます。
「ホームカントリーバイアス」という言葉をご存知でしょうか。
投資家が様々な理由から海外への投資には慎重になり、自国市場への投資が厚くなる傾向のことを指します。
日本人ならば「日本株一辺倒」の投資ということになりますね。
本日はホームカントリーバイアスの紹介とそれに陥らないための対処法について考察します。
ホームカントリーバイアスにとらわれない投資を
本日の記事の要点は以下の通りです。
1. ホームカントリーバイアスの存在を認識することが重要
2. 国力の衰退する日本においてホームカントリーバイアスは致命的になりうる
3. 世界全体の経済成長に期待してコツコツ投資を継続しよう
以下1つ1つ掘り下げてみていきます。
 
1. ホームカントリーバイアスの存在を認識することが重要
ホームカントリーバイアスにとらわれないためには、そもそもホームカントリーバイアスの存在を認識している必要があります。
まずは自分のポートフォリオ全体をいったん見直してみて、預貯金を含めポートフォリオの100%近くが円建て資産になっていないかチェックしてみましょう。
ポートフォリオ全体が預貯金というのは一見安全に見えますが、実は「リスクを取らざるリスク」を抱えていることになりますので注意が必要です。
預貯金や債券、株式などのアセットクラスを分散するとともに、日本円だけでなく米ドル、ユーロ、英

リンク元

内科医
スポンサーリンク
shinkei807をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました