スポンサーリンク

税負担増の社会では節約や節税にウェイトを置かざるを得ない

内科医
おはようございます。
給与所得控除の上限が年々段階的に下げられ、社会保険料の負担が右肩上がりに増している現状に直面しますと、少子高齢化社会を生き抜くのは大変だと常々実感します。
高齢者の数が増え続け、その一方で高齢者を支える若者の数が減り続けているわけですから、社会の仕組み上仕方がないことだとは思います。
とはいえ、実際に自分の家計を目に見える形で圧迫し始めており、この勢いは増すことはあっても減る確率は低いわけですから恐ろしいものです。
税負担増の社会では節約や節税にウェイトを置かざるを得ない
課税所得金額が900万円を超えると効率が落ちてくる
課税所得金額が900万円オーバーになりますと、所得税+住民税で43%という世界に突入します。
自らの睡眠時間や体力を削って当直バイトをして5万円余分に稼いでも、実際に手元に残るのは3万円弱です。
この現実を知ってしまうと、どうしてもモチベーションが下がりますね。
一定のレベルを超えますと、余分に稼いでも自らの手元に残るお金はあまり増えなくなります。
私はその一つの目安が、「課税所得金額 900万円」のラインだと思っています。
 
税負担増の社会では、節約や節税にウェイトを置くしかない
税負担増の社会では、額面の収入を増やしてもそれが手取り収入に直結しません。
ある一定の所得水準までは努力に応じて手取り収入も増えますのでやりがいがあります。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました