スポンサーリンク

ケトン体は『飢餓時だけに生成される非常エネルギー』なのか[9]

健康法
使えるものは何でも使う

心臓は 人が生まれてから死ぬまで,一瞬たりとも休まず 1日にタンクローリー1台分の血液を送り出しています.

(C) キリン904 さん

心臓は筋肉の塊のような臓器です.しかも寝ている時ですら動いています.寝ながら筋トレできる人はいませんが,心臓は決して休まず 24時間筋トレをやっているようなもんです. 当然 そのエネルギー消費量=要求カロリー量は 半端なものではなく,1日に6~35kgのATPを消費します. ATPをkg単位で言われてもピンときませんが,心臓自身の重量の70倍です.

(C) KTK さん

これだけ大食いの臓器なので,心臓は 食べ物(=エネルギー源)については えり好みしません.あれが好きだとかこれは嫌いだとか,『納豆は臭うから食べない』などと文句は言わず,使えるものならすべてのエネルギー源を使います.

(C) bonbon さん

しかも,これらを使う割合も一定ではありません.一応 通常負荷時には 脂肪酸・グルコースがメインで,さらにケトン体やアミノ酸も使うとされていますが,グルコースはほとんど使っていないという報告もあります. しかも高負荷時には その時その時でもっとも利用しやすいものをダイナミックに切り替えて使います(=Metabolic Felxbilty ).

給油しながら走っている自動車

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました