スポンサーリンク

住信SBIネット銀行の「外貨積立」とSBI証券の「米国株式・ETF定期積立サービス」について

内科医
おはようございます。
当ブログの読者から、住信SBIネット銀行の「外貨積立」およびSBI証券の「外国株・ETF定期買付サービス」について以下のご質問をいただきました。
いつもブログを拝読し、勉強させて頂いております。
医歴3年目の駆け出し研修医です。
ここ半年のあいだ色々な国内投信や、ETFvs国内投信で比較した結果、ETF VTの積立をすることにしました。
しかしいざETF VT積立を始めてみると、国内投信とは違う点があることに気が付きました。
1つ目は為替相場、そして2つ目は指値・成行注文です(なおSBI証券・銀行ユーザーです。) 。
 
まず為替に関して、リスク分散を考えると定期外貨積立が良いようにも思いました。
しかし住信SBIネット銀行では円ベースのみでの外貨積立(e.g. 毎月10万円分のドル)しかできませんが、ドルベースで定期外貨積立(e.g. 毎月1000ドル)をしたほうがドルコスト平均法を為替でも実行でき、よりベターなようにも思いました。
手動で定額ドル買付をしたほうが良いでしょうか?
 
次に注文方法に関して、投信と違ってETFでは指値・成行注文がありますが、SBIのETF定期買付サービスでは成行注文しかできません。
以前のブログ(2020年11月25日)では、ちゅり男先生は定期買付サービスを利用されていないとのことですが、このあたりも関係あるのでしょうか? 

リンク元

内科医
スポンサーリンク
shinkei807をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました