スポンサーリンク

米国高配当株ETF投資のメリット・デメリットについて

内科医
おはようございます。
当ブログの読者から「高配当株ETF投資の是非」について以下のご質問をいただきました。
こんにちは。40代マイナー開業医です。
開業5年経過して、経営は安定してきました。
いつも為になる話をありがとうございます。
健康情報含め、参考にさせてもらっています。
 
現在、全世界株式投資信託中心に、積み立てNISA、iDECO、特定口座で積み立て投資をしています。
3年前くらいから、現金の預貯金を徐々に投資信託に代えていき、現在3500万程投資信託を所有しています。
含み益が30%、約1000万ほど出ています。
 
ここで質問です。
来年になると、医療法人から資本金2500万くらいが現金として個人に戻ってきます。
その現金で米国高配当ETFを購入する戦略はいかがなものかと考えています。
資産の最大化には、高配当株は効率が悪くなるとは思うのですが、引退が近い70歳くらいになった時、ずっと貯まっていった虎の子のお金を切り崩す時、心理的にケチってしまい、結局うまく使わないで終わってしまうのではないかという懸念があります。
おすすめされた本「DIE WITH ZERO」の理論でいうと、ある程度若くないと現金の価値がなくなってくると、、。
2人の子供もまだ小学生でこれから教育費がかかる時期なのですが、その2500万をどうするか迷っています。
高配当株の配当金の方が、ケチらずに

リンク元

内科医
スポンサーリンク
shinkei807をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました