スポンサーリンク

100%円建て資産しか保有していない状況もリスクである

内科医
おはようございます。
2022年4月に入って急激な円安が進んでおり、「1ドル=128円前後」で推移しています。
ここまで急激に円安が進行するのは私の記憶にもなく、まさに異常事態と言えるでしょう。
この急激な円安を踏まえ、当ブログの読者から以下のご質問をいただきました。
ちゅり男様 いつも有益な情報ありがとうございます。
毎朝の7時にブログを拝見するのが日課となっております。
現在の円安状況での資産運用について、ちゅり男様のお考えを教えて頂ければ幸いです。
当方、地方のサラリーマンで家族構成は(私30代会社員・妻30代会社員・子供10歳・8歳) になります。
私・妻ともideco・積み立てnisaを満額で運用をしており、子供の分についてもジュニアnisa をフルに活用しております。
生活防衛資金を除いて、資産運用で動かせる資金が1,000万円ほどあります。
インデックス投資で老後の資産形成をしつつ、配当金目的で米国ETFの購入を考えているのですが、現在の急激な円安状況をみると米国ETFの買い付けに二の足を踏んでいる状況です。
このような円安状況についてちゅり男様ならどのような立ち回りをするか、図々しくも教えて頂ければと思います。
宜しくお願いいたします。
ご質問ありがとうございます。
結論から申し上げますと、株価の変動も為替の変動も我々素人に分かるはずもないため、あまり気にしすぎ

リンク元

内科医
スポンサーリンク
shinkei807をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました