スポンサーリンク

コーヒーが渡り鳥達を殺してしまう

その他
コーヒーは相変わらずの人気です。コーヒー栽培は、熱帯の森林の元で育てるシェードグロウン(木陰栽培)が一般的でした。でも最近は、コストを下げて生産性を上げるために、熱帯林を伐採して低木のコーヒーを大量栽培するプランテーション型の農法が増加しています。熱帯林が伐採されることによって野鳥たちの住処も奪われていきます。北米で実施された調査では、1970年から2020年のたった50年間に少なくとも30億羽の野鳥が消えたことが判明しています。特に被害が大きいのは、渡り鳥たちのようです。長時間飛び続けて安住の地に辿り着いたはずが、そこには森が消えていて行き場が無い。鳥類学者や環境学者、地理学者たちが調査した結果、伝統的な木陰栽培を行っているコーヒー農園が渡り鳥の生息地となっていることを発見しました。そこで米国のスミソニアン渡り鳥センターは1999年から、バードフレンドリープログラムを開始しました。このプログラムでは、渡り鳥が休息出来る森で生産されたコーヒーを「バードフレンドリー®コーヒー」と呼びます。熱帯の森林を利用した木陰栽培で有機栽培で生産されたコーヒーをプレミアム価格で買い取ることで、生産農家を守り、それによって森林伐採も防ぎ、渡り鳥の住処を守るプログラムです。コーヒーによって生まれた収益は、スミソニアン渡り鳥センターの研究調査資金として、世界中の渡り鳥保護・生態系保護のために利用されてい

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました