スポンサーリンク

“がん家系”という都市伝説。

その他
“がん”という病にも様々な“都市伝説”があるたとえば(極々一部)、 ○魚の焦げや焼き肉の焦げはがんになる ○コーヒーは胃がんになる ○がんは遺伝する“魚の焦げ”は、私が子どもの頃から言われていた確かに“焦げ”は気になるところだが、「トラック一杯の焦げを食べなければ 問題はない」とされている食事でひと口、ふた口摂る程度では、全く問題はないようだ  それより、過度な飲酒や喫煙の方が、  よっぽどがんのリスクが高い「コーヒーは胃がんになる」――これも、小さい頃から母に聞かされていたが、今では...と言っても、もう20年くらい前からだろうか、「一日3杯のコーヒーはがん抑制効果あり」と、言われているのだまさに、“過去の常識は今の非常識”  少し前、  「コーヒーは胃がんになるから   飲まない方がいい」  と言っていた20代の看護師さんがいた  今の時代に、  こんなことを信じている、  若い看護師さんがいることに驚いたそして気になる、“がんは遺伝する”――よく、「うちは“がん家系”だから...」「うちは“がん家系”じゃないのにがんになった」という言い方をするでは、本当に“がん家系”というものはあるのだろうか実際に遺伝性のがんは、全体の5~10%と言われているこの数字は、“がんは遺伝する病気”とは言えないのではないだろうかそもそも今、“日本人の2人に1人ががんになる”と言われ、男性では3人に

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました