スポンサーリンク

もう少ししたら蛍が飛ぶ。

医療機関
2003年5月 医者5年目だったタナカは、当時の篠山病院リハビリ科の医長になった。  保健師の彼女との出逢いは、その頃に遡る。 リハビリ科の外来に、彼女のお父さま(63歳)が来院された。 55歳の若さで、若い医師の投薬ミス医療事故で、脳梗塞、右片麻痺、完全失語になられた。働き盛りの彼に、起こった事故は、その家族の、大きな大きな転機となった。 あちこちの病院リハビリを渡り歩くも、なかなか満足なリハビリや説明や治療が得られず、医療不信から脱却できず、苦しまれていた。 当時の篠山リハビリの評判を聞きつけられ、タナカのリハビリ科外来にお越しになられた。 それから彼が71歳で天国へ旅立たれるまで、彼女と彼女のご家族と地域医療のあるべき姿を話し尽くした。彼のことを書いたコラム『ご先祖在宅』はコチラ。 本当に、全うな医療とはなにか、20年近く経つ今も、彼女とは、毎日毎日そんな話をしている。 今の医療法人 たなか会 は、彼女との夢の一つの形。 うちのスーパー番頭さんが、この彼女だ。  うちのクリニックが、やっぱりスーパーなのは、昨日のMIDORIちゃんと、この番頭さんと、小児科を守る会の裏で下支えのご活躍された上田康夫先生が、居てくれるクリニックだからだ。 今日も、自慢

リンク元

医療機関
スポンサーリンク
clinic01をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました