スポンサーリンク

神の詩 第5章八・九節 4

その他
神の詩 第5章八・九節 4「真我に意識を集中した聖者は、見たり、聞いたり、触れたり、嘆いだり、食べたり、動いたり、眠ったり、呼吸したり、話したり、排池したり、つかんだり、目を開閉したりしていても、「私は何もしていない。感覚がその対象に働いているにすぎない。」と考える。(八、九)」続きです。花を観たら花とぴったり合わさる。つまり花に逢った時には、何も頭で考えることなく、花と自分の深い意識を合わせてみることを表しています。その花の波動が奏でる美しい旋律を、純粋にハートで味わってみましょう。その花に自分の意識を「合わせて」、大地の強いエネルギーに根を下ろし、そよ風を感じ、太陽光の中でエネルギーをもらい、美しく楽しく、ただ咲いてみる。こうして初めて花を愛でることになるのですが、真我を見出した後では、花と真我が、花と太陽との関係のようにお互いに別々に保たれながら「合わさる」、つまり「打つ」ことになります。「花を愛でる」そこには、花を見るだけではなく、愛があります。だから「愛でる」というのです。それが対象物の真の価値を引き出します。続きます。精解 神の詩 聖典バガヴァッド・ギーター 1森井 啓二きれい・ねっと2021-08-20今日もありがとうございます。ブログランキング参加しています。応援クリックお願いします。人気ブログランキングそれは花だけに留まることなく、吹き抜ける風の中に、輝く光の中に

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました