スポンサーリンク

神の詩 第五章十節

その他
 神の詩 第五章十節「行動をブラフマンに捧げ、執着を捨てて行動する者は、蓮の葉が水に汚されないように、罪悪に汚されない。(十)」行動をブラフマンに捧げるとは、自分の行動から利己心を排除して、神の御心に叶ったものにすることです。蓮は、多くの宗教で聖なるものの象徴とされてきました。特に仏教やヒンズー教では神聖な植物として最も重要であり、「聖者の花」とも称され、さまざまな霊的象徴として使われます。それは、蓮の性質と構造を象徴としているためです。構造の象徴は複雑ですが、簡易に説明すると、蓮の茎はブラフマナディとスシュムナー、花軸花柄はブラフマナディ、花はチャクラとブラフマナディとチトリニナディ、花弁はチャクラの波動の象徴とされることに由来しています。続きます。今日もありがとうございます。ブログランキング参加しています。応援クリックお願いします。人気ブログランキング
Source: ひかたま(光の魂たち)

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました