スポンサーリンク

神の詩 第五章十節 2/7

その他
 神の詩 第五章十節「行動をブラフマンに捧げ、執着を捨てて行動する者は、蓮の葉が水に汚されないように、罪悪に汚されない。(十)」蓮の構造の象徴は複雑ですが、簡易に説明すると、蓮の茎はブラフマナディとスシュムナー、花軸花柄はブラフマナディ、花はチャクラとブラフマナディとチトリニナディ、花弁はチャクラの波動の象徴とされることに由来しています。頭頂部のサハスララチャクラが、千枚の花弁を持つ蓮花と言われるのは、象徴的に50に分けられる活動的な波動の象徴としての花弁があり、各花弁それぞれ20層あるとされることと、10×10×10という人間の完全体を幾何学的に現した数字の象徴を兼ねているものです。詳細については、聖典であるサンヒターなどに収録されています。ハタヨーガの開祖とされるゴーラクシャ・ナータ大師が記した「ゴーラクシャ・シャタカ」にはいくつかのヴァージョンが知られていますが蓮の花の描写が出てくるものが知られています。「4枚の花弁のある蓮華はアーダーラ(ムーラーダーラ)であり、6枚の花弁のある蓮華はスヴァーディシュターナである。臍には10枚の花弁の蓮華があり、心臓には12枚の花弁の蓮華がある。16枚の花弁のある蓮華は喉にあり、同様に2枚の花弁のある蓮華は眉間にある。頭頂部の大いなる通り道には、千の花弁の蓮華がある。」続きます。精解 神の詩 聖典バガヴァッド・ギーター 1森井 啓二

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました