スポンサーリンク

神の詩 第五章十節 5/7

その他
 神の詩 第五章十節  5「行動をブラフマンに捧げ、執着を捨てて行動する者は、蓮の葉が水に汚されないように、罪悪に汚されない。(十)」続きです。この蓮の在り方は、特に、世俗の中にあっても世俗にまみれることなく自らを清浄に保ちながら生育し、最後に美しく悟りを開くという神を求める理想的な人の象徴になっています。仏教には、「煩悩即菩提」という言葉があります。これは、煩悩を泥沼に喩えて、菩提を蓮の花に喩えています。蓮が泥を栄養として美しく開花させる様は、煩悩(泥)の中に菩提(神性)となる要素があるという考え方です。「清浄でも穢れがあっても、オームの聖音を常に唱え続ける者は、蓮の葉が水に濡れないように、罪によって穢れることはない。」ゴーラクシャ・シャタカ「蓮を観じて自浄を知り、菓(このみ)を見て心徳を覚る。」空海「般若心経秘鍵」続きます。今日もありがとうございます。ブログランキング参加しています。応援クリックお願いします。人気ブログランキング
Source: ひかたま(光の魂たち)

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました