スポンサーリンク

神の詩 第五章十節 7

その他
 神の詩 第五章十節  7「行動をブラフマンに捧げ、執着を捨てて行動する者は、蓮の葉が水に汚されないように、罪悪に汚されない。(十)」続きです。都会に住む多くの人は、忙しさに追われて、これらの自然界の無情の声から離れてしまっています。心を深く、静かに鎮めていないと、自然界の声は聞こえてきません。自然界の声を聴き、自分の心の中に取り入れるためには、まずすべての存在を尊ぶことから始めます。この自然界と対話する能力は、使えば使うほど、意識すればするほど、鋭敏になっていきます。今、自然欠乏症ともいえる多くの人に必要なのは、宇宙と自分との正しい関係の理解です。多くの人が神性さを見失っているのは、本物の自然界との関係を自ら断ち切ったことが大きな原因です。自然の神性を見失うことは、自分の神性を見失うことと全く同じことです。現在、人類が直面している静かで大きな問題は、人間社会を自然界から切り離した結果として起きているものです。続きの詳細は「神の詩」第五巻と「光の魂たち 山岳編序章」に記しておきます。「あなたが良いバランスを保ちたいのであれば、肉体の心を霊の心に一致させなければならない。」エドガー・ケイシー1593-1次は「ヨーガ行者は、自己を浄化するために、執着を捨てて、肉体と心と知性と感覚だけで行動する。(十一)」今日もありがとうございます。ブログランキング参加しています。応援クリック

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました