スポンサーリンク

厚労省が公式にデータを修正 →「ワクチン有効」は嘘だったの衝撃

健康法
いやー数字を操作していた。実際は接種した方が感染率は高かったという話。今回は衝撃のレポートをお伝えする。タイトル通り、厚労省が公式データ修正 →「ワクチン有効」は嘘だったという内容だ。まずは手っ取り早く、キモのグラフからご紹介したい。データ修正前はこのように、きれいにワクチン接種による感染予防効果が確認出来ていた。ワクチンを打てば打つほど、感染者は減っているのがよくわかる。これを見れば、「ワクチンは打っておいたほうが良さそう!」と言う感想になるのは当たり前だろう。というところまでが、これまでの流れ。ところがなんと!このデータが「インチキ」だったと、厚労省が正式に公表したのだ。厚労省は毎週、ワクチンに関するデータを公開するのだが、さる5月11日の発表から重大なデータ修正。その結果がこちら。データ修正のあと、突如として水色の「未接種(の陽性者数)」が半分以下になった。そして、「未接種(の陽性者)」が半分以下になったせいで、「2回接種(の陽性者)よりも少なくなったのだ。
これはつまり、2回接種した人のほうが、未接種の人より、人口10万人あたりの陽性者数が多い、ということだ。
えっ?
ワクチン接種者のほうがコロナに感染しやすいってこと?
微妙な差だが、このグラフからはそういうことが読み取れる。https://agora-web.jp/archives/220518041211.html元の

リンク元

健康法
スポンサーリンク
karadajikuをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました